信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 01日

寄り道  大鹿村

大鹿村
隣村で分杭峠の向う側。高齢化率も、過疎化率も高いが知名度は伊那市や長谷村より高い。歌舞伎が行われる中心部まで山荘から山中のくねくね道を約50分。
人口は1200人。東京から中央高速利用で3時間40分名古屋からは2時間少し。村内に鹿塩温泉、小渋温泉がある。大鹿村を有名にするのは中央構造線と大鹿歌舞伎。特に大鹿歌舞伎は国の無形民俗文化財。この歌舞伎を題材にNHKテレビドラマ「おシャシャンのシャン」映画「大鹿村騒動記」が製作されている。

大鹿歌舞伎
f0067937_1923234.jpg


大鹿村騒動記
長野県の山村に300年以上も伝わる「大鹿歌舞伎」をモチーフに、 『亡国のイージス』『顔』の阪本順治監督と原田芳雄がタッグを組んだ群像喜劇。伝統の村歌舞伎が受け継がれてきた山村で食堂を営む男のもとに、18年前に駆け落ちした妻と友人が現れたことから始まる騒動を軽妙なタッチで描く。共演には大楠道代、岸部一徳、松たか子、佐藤浩市、三國連太郎ら実力派がそろい、悲喜こもごもの人間模様を彩る。大鹿歌舞伎の舞台を再現したクライマックスは圧巻。
大鹿歌舞伎  春公演(5月3日 大碩神社舞台 正午~)

中央構造線博物館(南アルプスジオパーク)
f0067937_19263378.jpg

[PR]

by okasusumu | 2013-05-01 19:17 | 寄り道


<< 強欲男と貫太郎一家      山荘の草花(4月16日) >>