人気ブログランキング |

信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 28日

風呂と水処理

風呂と水処理
 築100年の古い農家のこと風呂は外にあった。いつの頃かその風呂は取り壊され、今の玄関に焚口のような跡、軒に煙突を通した穴が残るだけである。
移転登記の日、前所有者の岡谷の酒屋さんに「風呂はどうしていたのか」と尋ねると、そばにいた不動産屋が、「近くに仙流荘があるもの、たまに来るだけなら、そちらの方がよほど良いや」と言い酒屋さんも同調していた。
 仙流荘は温泉ではないが、広々としてきれいで、桜やゴールデンウィーク以外は混むことはない。不動産屋の言葉に「それで良いか」と思ったものの、あればあった方が良い。そして、今井棟梁と高井1級建築士のコンビによる風呂築造が始まった。
 
 二人に任せておけば、想像以上の風呂場が完成することは間違いない。
 山荘主人、それではと思い立ったのが土壌浄化法の原理による排水処理である。
二人によってステンレス製の風呂桶と集水桝が設置された日の次の週、山荘主人は3日間、黙々と鍬とスコップを使い、土を掘り起こし、細工した管を埋める作業に精出した。
処理するのは風呂の水という安心感もあり、頭の中にある理論とは裏腹のいい加減さが土木作業に出ながらも埋め戻して完成。
 通常ならこれで大丈夫なはず大雨の日には効果を発揮するかどうかはやって見なければ分からない。
 我が理屈は次のとおりである。

土壌浄化法の原理と効果
 生ゴミを土に埋ると肥料になること、そしてゴミそのものが消えていることはよく知られた事実である。この自然の土壌生態系がもつ独特の機能を、水処理のシステムのなかに意識的に利用する方法が山荘の風呂排水の処理法。いわゆる土壌浄化法で、いわば山に降った雨が地下に浸透し、蓄えられ浄化されて流れ出る自然界の水の動きの再現である。
 動植物と自然の作用によって形成される土壌は、空間的構成として、固層、液層、気層の3層からなる。
 土壌の主体となる固層の土粒子は、粒径によって礫、砂、シルト、粘土に区分され、固層の表面と液層、気層で占められる空間は、土の間隙率として表される。この間隙率は、水文学の教科書によれば土粒子の粒径、粒子が相互に結合した団粒構造、締固めや圧密の程度によって約26%~73%と幅広い。
 土壌の浄化作用は汚水が土中を浸透(流動)する過程で行われる。したがって、適当な浸透条件を与えないと期待どおりの効果が得られない。 土壌微生物による有機成分の分解は、土壌間隙に空気(酸素)が供給されるときに効率的に行われるという特徴があり、土壌の三相を適度にバランスさせることが要求されるはずである。
これらのメカニズムを理解して、装置作りである。
土壌浄化の仕組みは、主として土壌粒子がフィルターの役割を担うろ過(物理的作用)、土壌中の粘土鉱物や腐植が吸着材の役割を果たすことによる吸着(化学的作用)、土壌に生息する生物の活動による生物分解(生物的作用)で、
土粒子間隙を汚水が通過する際に土壌粒子表面に様々な無機物、有機物が保持されることになる。
これを土壌微生物が、自らの生命の維持、増殖のエネルギーを得るエサとして、炭酸ガスや水へ酸化・分解し、無機物に戻す作用を行っている。この作用によって、汚水中の汚濁成分が分解除去される。土壌に生息する微生物群の多様性と絶対的個体数の多さから、その効果は非常に高く、安定したもののはずでる。

作業と施設の実際
以上の理論を頭で確認して、トレンチを掘り始めた。①トレンチの長さは8メートル、幅、深さは60センチ程度。赤土系粘土質の土壌で、チャートが多く含まれていて彫りにくい。②トレンチの底と壁に不透水性のマルチの幕を張るかどうか悩んだが張らずに済ます。張れば毛管現象による浄化が考えられるが、対象が風呂の排水であることからトレンチの底からの浸透を忌み嫌うこともない。
③トレンチの底に25センチ程度、砂を敷く。これは3月11日の大地震の折、液状化により噴出した水の多さから逆思考、排水をまずは砂に含ませることを狙ったもの。③そして砂の上に、穴あきの塩ビ管をわずかの勾配を付けて設置した。出口には砂をつめ、管に流れ込んだ排水はあちこちに開けられた穴から砂の上に排出されることになる。③砂と砂利で管を覆うようにする。砂に含まれた水分が砂利を伝って横方向、さらには毛管現象により上方向に移動することを狙ったもの。④主として赤土の土を埋め戻す。微生物の匂いがあまりしない、見た目に団粒構造とも言い難い。この土が若干不安の種であるがいずれ勢いづいて来るだろう。試作品の完成である。理屈からいえばトイレ排水であれ、生活雑排水であれ処理可能であるが、処理能力は低く、完璧を狙うのなら大きな用地が必要だろう。

by okasusumu | 2011-07-28 12:55 | 山荘概要


<< 旧開智学校(松本)      水蓮 >>