信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 07日

熱田神社

熱田神社(あつたじんじゃ)長谷支所の近くにある村の鎮守として日本武尊を祀っている。f0067937_20365355.jpg
f0067937_20534181.jpg
f0067937_205416.jpg  
 

(www.omiyasan.com/south/ina/post-7.php)によれば
熱田神社は、織田信長と今川義元との桶狭間の合戦の折に登場する、名古屋市の熱田神宮を勧請して産土神として奉ったのが起源とされている。
集落の鎮守として日本武尊を祀っている。
地域の主要道路から山の傾斜を登り、社殿は集落の中に建っている。
 県宝、重要文化財に指定されており、道路に案内板が出されている。


鳥居をくぐると、右手に手水舎、左手奥には舞宮、そして拝殿の両側に二つの境内社が建っている。
舞宮は、旧長谷村の文化財として指定されている。
もともと拝殿の前に建っていたらしいが、舞宮を使うために便宜上、鳥居の奥に場所を移したそうだ。

神前に踊りや芝居などの芸能を奉納する際に使用されるもので、建築当初から、芸能は地域に住む住人が作り、演じてきたそうだ。
 この地に住む人々の文化的な創造活動の舞台として存在していた。本殿は、拝殿背後の覆屋に囲われて建っている。
 艶やかな色彩が目を惹き、細やかで大量の彫刻が施されていることが一見して分かる特徴になっている。
 この装飾は、江戸時代の建築様式の中でももっとも過飾だった時期の傾向を示しているといわれている。
 縁の下の羽目や、横架材と柱の間に設けられている三手先の組物など、いたるところに彫刻が施されている。


 土台や長押、頭貫、脇障子などのたくさんの部材に施されている彫刻などは、重要文化財に指定され埼玉県にある歓喜院聖天堂の本殿と共通しているという。
 本殿は覆屋に囲まれているため、その部材の隙間から内部の詳細を覗くことになるが、色彩が豊かで素木の部分とのバランスが良く、非常に多く彫刻が使用されている箇所などは、特に専門的が無くても目を惹き興味をそそられるものだと思う。
f0067937_2104882.jpg


熱田神社

所在地伊那市長谷溝口宮之久保1993-1
本殿 県宝
宝暦13年(1763)棟札写・文書
祭神日本武尊・天照大神・八劔大明神
大工池上善八郎(本姓:高見)
建築様式一間社 隅木入春日造 銅板

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 南アルプス情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秦野情報へ
にほんブログ村
[PR]

by okasusumu | 2011-07-07 08:34 | 山荘周辺の文化財


<< 花菖蒲      栗の花 >>