信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 02日

財宝を掘り当てた人

五日前の真夜中のこと、足元に立つ観音様に気がつき、爺は目を覚ましました。
観音様はこうおっしゃいます。
「爺よ、町に行って駅前にある旅館の前で待ちなさい。爺の夢が向こうからやってきます」
わくわくする言葉です。
その日は朝から雪が降り続き、止みそうにありません。
「これでは、町に出かけられんな。観音様の言いつけだが、明日にしよう」

その晩、爺が眠りに落ちると再び観音様が現れ、昨夜と同じことをおっしゃいます。
「爺よ、町に行って駅前にある旅館の前で待ちなさい。爺の夢が向こうからやってきます」
その日は良く晴れていました。ところが道は雪解けでぬかるんで、まるで田んぼのようです。
「これでは町まで行くのは難儀じゃな。観音様の言いつけだが、明日にしよう」
爺は、その晩も観音様の夢を見ました。観音様に同じことを言われました。

観音様のお言葉ですが、三度も言われると、ありがたみが薄れます。しょせん夢まぼろしの夢なのか、それともお告げなのか、悩んだ爺は、裏山の山神様に相談をしました。
「あんたはアホか。観音様のことをライバルの山神に聞くな。バカたれが」
爺は、山神様の不機嫌さを、「やめとけ」と勝手に思い込み、その日も町には出かけませんでした。
午後のことです。光が雪の上ではねています。ふと、湖の方を見ると、美照尼さんの庵の手前、春になればルピナスの咲く丘で一人の男が穴を掘っています。見知らぬ人です。
「何をしてるだに」
「穴を掘ってるだに」
「それは見ればわかるだに。なんで穴なんど」
「それが…」
男は町からやって来ていました。昨夜のこと、観音様が足元に立って、長谷隠れ里の春になればルピナスが咲く丘を掘れば、幸運が舞い込むと、告げられたのだそうです。似た話に爺は「あんれまあ」とぎくりとしました。どうやら、ここがお告げの地であるのは間違いないようですが、口にはしませんでした。
掘り進めるうちに、シャベルが箱のようなものに当たりました。そして男が掘り出した箱から金銀財宝がこぼれ落ちました。まるで「花咲爺さん」のここ掘れワンワンです。正夢だったのです。
その夜、爺は観音様を待ちました。でも夜明けになっても枕元に観音様が現れることはありませんでした。興奮して眠れません。寝てないのですから夢を見ることはありません。
その日は雪になりました。爺は観音様の言葉を思い出し、雪の中、駅前に行き旅館の前に立ち、待ちました。日が落ち、暗くなっても誰もやってきません。町の人たちはうろんな目で爺を見やって、足早に遠ざかっていきます。
大損をした気分の爺は、山神様に相談しました。この神様、悩める人を突き放します。
「そう落ち込みなさんな。あんたは危険をかえりみず、夢を追う男じゃないんだよ。いい爺だが金は寄ってこん。良いではないか」
頬に冷たいものが触れました。爺は空を見上げ「また降り出したか、ほんじゃまたな」と山神様の雪囲いをしっかり直し、家に帰って行きました。
                              (終わり)

More
[PR]

by okasusumu | 2013-10-02 13:36