信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 02日

精霊の声

氷漬けのタヌキには家族がありました。
次の日の朝のこと、池のほとりに見知らぬ男がたたずんでいました。男は、立ったり座ったり、雪の斜面を見下ろしたり、せわしなく落ち着きがありません。
縁側で、男に気がついた爺は声をかけようと、ガラス戸に手をかけたところで、「ははーん」と思いとどまりました。
しばらくして、男は桑畑と竹やぶの間の小道を注意深く、あたりを見回しながら下っていきました。
そして、斜面が緩やかになった墓地で妻を見つけ、ドローンと姿をタヌキに戻しました。
昨夜、妻は子供たちに魚料理を振舞うからといって出かけたまま、帰って来ませんでした。
「お母さんはどうしたの」
「お父さんが嫌いだから、帰ってこないの?」
しつこく聞く子供たちを、なだめ、すかしながら夜が明けました。妻が出かける直前、よくある、夫婦のいさかいがありました。子供たちは、それを深刻に受け止めていたようです。一緒に暮らす妻の母親、婆にも白い目で見られました。
「こちらが泣きたいよ」
夜明けとともに探しに出て、妻の行きそうな道を歩いて、ここまで来ました。
妻は雪の上に横たわり、頬から血色が消え、触ると湿った状態で、体は冷たく固くなっていました。
太陽が昇り、雪が溶け始めています。男は泣きながら子供たちを呼びましたが、妻が目を覚ますことはありませんでした。
葬儀は家族だけで行いました。ひっそりした寂しい別れです。棺に、子供たちは母の好きだった物を一緒に入れ、最後に男が土をかけました。

その夜のことです。男は恐ろしい叫び声に跳ね起き、あたりを見回しました。誰もいません。横では子供たちが軽い寝息を立て眠っています。
「気のせいか」
横になり、寝ようとすると、また叫び声です。今度は、はっきりと聞こえました。胸騒ぎがして、子供たちを、ゆり起こしても、子供たちはただキョトンとするばかり、婆は哀れんでいます。
誰にも聞こえない声が、男の頭を支配し、しばらく続きましたが、叫び声は次第に弱弱しくなって行きました。
「あなた助けて…」
男の全身に寒気が走りました。
「ナムマイダ、ナムマイダ…」
震えながら、お題目を唱える男を、子供たちはただ呆然として見詰めました。

「なんだべや」婆は何もわからないまま、翌朝墓参りに行きました。なにやら墓の様子が昨日とは違います。塔婆が傾いているのです。
「あんれまあ、モグラの仕業かな…。直さなきゃなんめぇ」と男を呼んできて墓を掘らせました。
掘り進めるうちに棺が出てきました。蓋が開きそうになっています。
「モグラの奴め、こじ開けようとしおって」
男と婆で蓋をゆっくりと開けました。
すると、開くのを待ちきれないで先に首を突っ込んだ子供たちはのけぞり、頭を抱え、嘔吐したのです。続いて覗いた男も婆も腰を抜かしてしまいました。
妻の顔は苦痛にゆがみ、指も手も足も体中が血に染まり、爪はありません。蓋の内側にはこじ開けようとした爪の跡が深く刻まれていました。
土手の上の爺は、なーんも知らんで、狸たちの動きにしきりに首を傾げていました         (おわり)
[PR]

by okasusumu | 2013-03-02 13:25