信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 20日

分杭峠

日本一のパワースポットだそうだ
最近訪れる人が多く、シャトルバスに乗らなければ行けなくなったが、そのバス停は山荘からそう遠くない。パワースポットブームが訪れる前にも行っているが、随分雰囲気が違って来た。若い女性が多くなった。信ずる人に幸いあれ。
youtubeに動画がある。分杭峠で検索すればさわやかな画像を見ることができる。
http://www.youtube.com/watch?v=YFj4rDYQXLY&feature=player_embedded

分杭峠(ぶんぐいとうげ (ウイキペディア)
長野県伊那市と下伊那郡大鹿村の境界に位置する標高1,424mの峠。

静岡県浜松市の秋葉神社へ向かう街道として古くから利用された秋葉街道の峠の一つである。秋葉街道は西日本の地質を内帯と外帯に二分する中央構造線の断層谷を利用した街道であり、分杭峠は中央構造線の谷中分水界にあたる。


名称の由来
高遠藩が他領(南方は天領であった)との境界に杭を建て目印としたことに由来するといわれ、峠には「従是北高遠領」の石碑がある[1]。

ゼロ磁場 分杭峠は、一部の人々から「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」と言われ、マイナスイオンブームの際にマスコミに取り上げられた。中国の気功師・張志祥が来日した際、分杭峠に「気場」を発見したとされる。

日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパワースポットである」とされている[2]。2009年にテレビ・ラジオや雑誌で分杭峠のゼロ磁場が大きく取り上げられ、分杭峠に来る観光客が急増した[3]。

しかし、こうした考えは科学的に解明されたものではなく、疑似科学の一つと見なされている。中央構造線博物館の学芸員を勤める河本和朗は「地震を発生していないときの断層は,力学的には周囲の岩盤と同じ」と指摘し、「『断層で岩盤が押し合っている』という考えは地球物理的に誤りである」としている。
f0067937_21425485.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 伊那情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 秦野情報へ
にほんブログ村
[PR]

by okasusumu | 2011-07-20 21:43 | 長谷の自然と歴史


<< 長谷村の沿革      ゴマメの歯軋りに >>