信州かくれ里 伊那山荘

donkai.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 29日

のびる【野蒜

のびる【野蒜】:
ユリ科の多年草。広く山野に自生。地下に球形の鱗茎があり、細い長管状の葉は、長さ約30センチメートル。夏、花茎を出し、紫色を帯びた白色の花を開く。多くの珠芽を混生。全体にネギに似た臭気がある。葉および鱗茎を食用にし、根・茎を摺りつぶして外傷・打身などの薬用とする。ねびる。ぬびる。のびろ。古名、アララギ。 広辞苑



f0067937_21113218.jpg
[PR]

by okasusumu | 2011-06-29 21:17 | 山荘周辺の草花そして虫たち


<< 高井さんの看板制作      丹沢から伊那谷へ  エネルギー政策 >>